motoyamayuki.com

Blog

iPhoneとandroidの国内ユーザー、どっちが多いの?

2011.04.11

ちょっと気になったので調べてみました。
でも年明けの数値を発表しているところってないのかな。

私自身はandroidユーザーです。(softbankのHTC DesireHD)
が、webデザイナーという仕事柄周りを見渡すとiPhoneユーザが圧倒的に多いです。
しかしandroidユーザーも着実に増えていますので、その割合が気になりました。

参考にした数字はコムスコアのプレスリリースより。

2010/09 2010/12
iPhone 3,347,000 3,78,7000
android 841,000

2,174,000

正直、この数字は予想していませんでした。
androidユーザーの伸び数がえらいこっちゃです、3ヶ月間で258%
対するiPhoneは113%。iPhone4の発売から時間がたっており目新しさがないことが要因でしょうか
ただ、これは2010年末の数字。現在の状況を考えるとその差はさらに縮まっているはずです。

新しいものに敏感な層の人たちは一通りスマートフォンデビューしてることを考えると、
今後はいかに一般層へ訴求できるかがシェアを握る鍵になりそうです。

今後の動向としては、
docomoが3/24にXperia arcを投入。
デザイン、機能性など前評判はかなり高いしやっぱり王者docomo、かなり売れるでしょう。

auが4/8にhtc EVO WiMAXを投入。
こちらはHTC機。世界シェアを急激に伸ばしており製品開発スピードはかなりのもの。
そして投入端末はなんとWiMAX対応という超ハイエンド機。ビジネスユーザーはよだれ垂らしてるはず。

一方のiPhoneは5が出るタイミングがいつになるのか。
6月との憶測もあるけど日本の震災の影響で、iPhone5に使われるカメラパーツの生産に遅れが生じるとの噂も。

総合して考えると、2011年中にandroidが国内シェアのトップに出るのはほぼ間違いなし。
ただ、アメリカではVerizon版iPhone(CDMA方式)も登場して、これは国内でもauがだすんじゃない?とかdocomoがシムフリー化を促進してiPhoneのシムロック解除にグイグイ牽制かけてます。
(個人的には、softbankの独占販売が続くと思います)

ちなみにアメリカでは年明け早々androidが首位に立ちましたが、2月時点ではさらに差を広げたようです。

1位…Google(Android)33.0%
2位…Rim(BlackBerry)28.9%
3位…Apple(iOS)25.2%

ただ、当然双方にメリットデメリットがあります。
iPhoneはUIやアプリがいちいちオシャレだしandroidはぶっちゃけダサいものも多い。
iPhoneはiPhoneのみ。androidは端末が豊富。

これからスマートフォンデビューを考えている方は、シェアの割合じゃなく
自分が欲しいものを手に入れていただきたいです。

  • このブログをはてなブックマークに追加

Contact

お仕事のご依頼、面白いことのお誘い、一度お話してみたい!などなど、完山祐毅へのお問い合わせは、下記のフォームよりお願いします。送信後、 info@motoyamayuki.com より確認のメールが届きます。
※多くのご相談・ご依頼をいただき誠にありがとうございます。当面のスケジュールが決まっているため、直近での作業が必要なご依頼についてはお請けいたしかねます。大変恐縮ではありますが、あらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせフォーム
お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
内容
Treble