motoyamayuki.com

Blog

京都に大雪が降ったので写真を撮りに行ってきました

京都の1/15は朝から大雪でした。
こんなに降ったのは2015年のお正月ぶりかしら。

気象条件に影響される風景は望んで撮れるものではないですよね。
そのタイミング逃すべし!というわけで、朝からカメラと三脚かついで3箇所ほど撮影してきました。

 

源光庵

yukinokyoto-1

千本北山をさらに北にいった源光庵。
丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」が並んでいるのが有名です。
夏の青葉、秋の紅葉もとてもキレイで、1年通して窓から四季を感じられます。

 

yukinokyoto-6

 

下の2枚は、同じ写真で色補正を変えてみました。
上の写真は、室内を主役に。窓からの景色をみながらのんびりと想いをはせることができそう。
下の写真は、窓からの雪景色に集中できるように。まるで水族館の水槽をのぞいているようです。
同じ写真でもぐっと印象が変わりますね。

yukinokyoto-3

yukinokyoto-5

 

 

清水寺

yukinokyoto-8

yukinokyoto-9

週末ともあり、すごい人出でした。
観光客で着付けの予約してたんでしょうか。着物姿も多く、足元が悪いなか下駄を履いている方は寒そうにされていました。
そんな中、着物を着ているけど足元だけガッツリ登山靴な夫婦がいて、「正解!」とうなってしまいました。
 

 

嵐山-渡月橋

yukinokyoto-14

yukinokyoto-10

yukinokyoto-12

嵐山はもう雪国でした。

風景写真ってなるべく人は入ってほしくないと思ってたんですが、嵐山で撮影して感じたことがありました。
雪化粧の山と木造の橋、冷たそうな川。そこに色とりどりの防寒具をきた人たちが映り込むことで、自然と人が乳化しているような優しい一体感が生まれのかなと。

嵐山でひろったiPhoneが、無事に持ち主の手元にもどっていますように。

  • このブログをはてなブックマークに追加
AKIYOSHINEMAGRAPH

2015.12.11

この記事は秋吉 Advent Calendar 2015の12/11担当分です。

なんだよ秋吉って!

秋吉は、そこそこ安くてやみつきになる旨さで活気あるお店で社長でお嬢さんな焼鳥やさんです。

なんだ、よくある大衆居酒屋か。
(イタリア語ではTaverna)

そう感じたあなた。とりあえず正座
(正座では右足先を上にするタイプです)

今から秋吉と大衆居酒屋の決定的で圧倒的な違いを百聞は一見にしかず方式で示します。
(筆者の秋吉歴は2回)

 

それは・・・

 

ロケーションが絵になる!!
 

Cinemagraphという技法をご存知でしょうか。
写真だけど動いている、動いてるけど写真。
とっても不思議な表現手法です。

これを、秋吉を舞台に制作してみました。

題して、

AKIYOSHINEMAGRAPH -アキヨシネマグラフ-

秋吉がどれほど絵になるかということを、このAKIYOSHINEMAGRAPHを使ってお見せいたします。
とくとご覧あれ!

風は諭す。秋吉にとどまれと。

akiyoshinemagraph01

 

FLY AWAY CHIKEN SMOKE

akiyoshinemagraph02

 

純けいが出ますように、純けいがでますように。。。

akiyoshinemagraph07

 

黄金比?知ってるよ。ビールをおいしく見せる魔法だろ。

akiyoshinemagraph04

 

受け入れちまったんだよ、鶏をな。クックドゥードゥルドゥー!

akiyoshinemagraph05

 

サイコメトラー・カシアス 〜純けいは俺の前にのみひれ伏す〜

akiyoshinemagraph06

 

まわれまぁーわれ あきよーし♪ もうけしぃて 止まらぬよぉーに♪

akiyoshinemagraph03

 

ガイアが私にもっとつつけと囁いている

akiyoshinemagraph08

 

あー、焼鳥食べたい。

  • このブログをはてなブックマークに追加
満月に魅せられて – Fullmoon Photography

満月が好き。
でも、大好きとは言い切れないんですよね。
単純な美しさではなく、そこに秘める妖しさ、危うさ、惑わしさ etc…
空に鎮座しているだけなのに、ただそれを眺めているだけなのに
そこはかとない不安を覚えることもあります。

取り憑かれる。

満月には一番しっくりくる表現かもしれません。
そんな満月の写真を、十五夜に撮影しました。

満月の写真は、しばしば建物や風景と合わせて撮られることが多いですが、
今回は月と雲だけのシンプルな構図。
その中で移ろいゆく朧月の表情を味わっていただければ幸いです。

 

 

 

 

  • このブログをはてなブックマークに追加
徳島まで撮影旅行に行ってきました

1_large

去年あたりからよく一緒に撮影をしているカメラ仲間5人で徳島まで撮影旅行に行ってきました。

行程としては、土柱→黒沢湿原→大歩危小歩危→星空 という流れでした。
ただ、この旅行のメインは星空撮影!
宿泊したキャンプ場のご厚意もあり、星空を撮るのに向いている場所を紹介していただきました。

旅行中に撮った写真を数点。

いやー。

力不足です。。

目で見た、体で感じた感覚をそのまま写真で表現することの難しさ!
写真の奥深さを実感しました。

今までは、背景ボッケボケ-!とか超広角でドーーン!とか、
こんな写真撮れまっせー的な撮影をしがちでした。
それも楽しいですし、シーンによっては雰囲気を包み込んだ素敵な写真になります。
ただ、シーンによってです。何でもかんでもってわけにはいきません。

今回の旅行では
圧倒的な自然の美しさを前にして、ただ単純にそのままを写真におさめたい。
という感情が一番大きかったです。

ありのままを撮る、たったそれだけのことに含まれる難しさ・楽しさ・奥深さ。
写真への向き合い方がまた少し変わるきっかけとなりそうです。

星空撮影の話を少し。

星はすごーく暗いので、シャッターを10分以上開きっぱなしで撮ったりします。
設定を終えていざ撮影を始めるとちょっと暇なんですよね。
ボーっと夜空を眺めてもいいんですが、そんなときに一緒に撮影している仲間がいると、
撮影方法の話をしたり、全然違う話をしたり。また撮影に戻ったり。
コショコショっと話せる仲間がいるだけで撮影がグッと楽しくなりますね。

一緒にシャッターを切ってくれる仲間がいることに感謝です。

星空撮影、リベンジするぞ!

  • このブログをはてなブックマークに追加
D90でシネUstに挑戦!-奮闘記まとめ

2011.04.23

シネUstとは、デジタル一眼レフやミラーレス一眼カメラのライブビューモード(以下LVモード)を使用してUstream配信をすることです。
それによって、普通のwebカメラでは到底なしえない映像クオリティで配信できます。
「まるで映画のよう!」なのでシネUst。
(と、私が勝手に解釈しています。発祥は恐らくヒマナイヌの川井さんと思われます。)

GF1やGH1,GH2あたりが色々な意味でシネUstにむいているみたいですが、持っていないんだから仕方がない。私は愛機D90で配信出来るか挑戦しています。
試行錯誤の連続ですが、ある程度ノウハウが溜まってきたので、もしシネUstに興味がある方がいれば参考になると思い、まとめます。
(さらに…)

  • このブログをはてなブックマークに追加
夜の京都駅 ~京都写真巡り

Kyoto Station at 11:00PM.

続きにも4枚載せています。

(さらに…)

  • このブログをはてなブックマークに追加
夜の京都駅 Light Up Kyoto Station.

youtubeに動画をアップしました。

微速度撮影(TimeLapse)で見る京都駅。

 

続きにカメラの設定を

(さらに…)

  • このブログをはてなブックマークに追加
TOKINA 116を購入するに至るまで

2010.07.14

tokina116-D90 TOKINA 超広角レンズ AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8を購入しました!

Nikonマウントです。

 

広角レンズ欲しい病にかかってから2ヶ月ほどウンウン悩みました。

ワイド端が8mm、10mm、12mmなど各レンズメーカー出そろっていますので悩まれている方も多いかと思います。

 

私が候補に入れていたレンズは

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
TOKINA AT-X 116 PRO DX  F2.8
TOKINA AT-X 124 PRO DX II F4
TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical

以上の5本です。 (お値段の都合上、純正は除いてますのであしからず)

 

続きに、moto的比較を。

(さらに…)

  • このブログをはてなブックマークに追加

Contact

お仕事のご依頼、面白いことのお誘い、一度お話してみたい!などなど、完山祐毅へのお問い合わせは、下記のフォームよりお願いします。送信後、 info@motoyamayuki.com より確認のメールが届きます。
※多くのご相談・ご依頼をいただき誠にありがとうございます。当面のスケジュールが決まっているため、直近での作業が必要なご依頼についてはお請けいたしかねます。大変恐縮ではありますが、あらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせフォーム
お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
内容
Treble