motoyamayuki.com

Blog

TOKINA 116を購入するに至るまで

2010.07.14

tokina116-D90 TOKINA 超広角レンズ AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8を購入しました!

Nikonマウントです。

 

広角レンズ欲しい病にかかってから2ヶ月ほどウンウン悩みました。

ワイド端が8mm、10mm、12mmなど各レンズメーカー出そろっていますので悩まれている方も多いかと思います。

 

私が候補に入れていたレンズは

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
TOKINA AT-X 116 PRO DX  F2.8
TOKINA AT-X 124 PRO DX II F4
TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical

以上の5本です。 (お値段の都合上、純正は除いてますのであしからず)

 

続きに、moto的比較を。

SIGMA 10-20mmF3.5 EX DC HSM

ワイド端10mmが欲しかったのでこのレンズは相当惹かれました。

F3.5通しも使い勝手が良さそうですし、18-105mmレンズ持ちなので被る焦点距離も少ない。

これしかないっしょー!と思って試し撮りをさせて頂いた結果…

なんか写真がパリッとしない。。

腕か?腕の問題なのか?? F値を8まで上げたところで好きな画になりました。

屋内撮影も視野に入れていることから、これはいただけないなぁと。。

そこで保留→のちの恋によって自然消滅。

 

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

8mmだって!ワォ、アメージング!!

これしかないっしょー!と思って試し撮りをさせて頂いた結果…

「超広角で撮ったんだZE!オレってワイドだZE!」 という画が出来上がってしまい、不自然さが際だった印象でした。

これならいっそのこと、フィッシュアイにした方が潔いと思ったので脱落。

 

TOKINA AT-X 124 PRO DX II F4

このレンズは友人が所有しており、優等生っぷりは過保護の親からさんざん見せつけられました(笑)

しかし広角レンズを欲している自分にとって広角端の1mmの差は大きく感じられ、

且つ手持ちの18-105mmと被る焦点距離も長いことを考慮し脱落。

 

TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical

お値段の魅力もさることながら、軽い!実際につけて持った時の感覚って大切ですね。

カタログ見てグラム数見ても気づかなかった。軽さは魅力だ。

ただ・・・試し撮りの画がなんとな~く甘い。 絞っても甘い。。

値段と軽さは大変大きな要素ですが、趣味の世界は所有欲を満たしてほしい部分も大きく、 それだけで決めてしまうと後悔が残る気がしたので脱落。

 

TOKINA AT-X 116 PRO DX  F2.8

F2.8通し!明るいZE~!! そんな設計、無理してるんじゃないの??

と思ったのですが、撮影した写真はパリッとしており、私好み!

そしてD90に装着した雰囲気も一番好きでした。

なんなのこの気持ち。あたい、このレンズに恋しちゃったみたい。。

 

というわけで晴れて購入に至りましたとさ。

いやぁま~それはそれは悩みましたよ。

でも悩んだ過程がそのレンズに対する愛着をうみ、調べて比較することでカメラへの造形が深まるってもんで。

初心者だからと恥ずかしがらずに店員さんを質問責めにし、色々とお話を聞くことも大切だと思います。

 

また撮影した写真は載せていく予定~

  • このブログをはてなブックマークに追加

Contact

お仕事のご依頼、面白いことのお誘い、一度お話してみたい!などなど、完山祐毅へのお問い合わせは、下記のフォームよりお願いします。送信後、 info@motoyamayuki.com より確認のメールが届きます。
※多くのご相談・ご依頼をいただき誠にありがとうございます。当面のスケジュールが決まっているため、直近での作業が必要なご依頼についてはお請けいたしかねます。大変恐縮ではありますが、あらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせフォーム
お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
内容
Treble